キャッシングの審査

キャッシングをしたいと思ったときに、まず審査が必要になります。もちろんキャッシングカードやクレジットカードを作るときに審査をしておくと、便利にいつでも使うことができます。このとき行う審査については、カードローンよりしっかり丁寧に行われます。そのため1週間程度かかるとも言われていますが、審査内容もしっかりしているものです。審査では属性審査、書類確認、在籍確認、信用情報審査という順に審査が行われます。

本人確認や収入証明書の確認書類が必要になります。本人確認は運転免許証、健康保険証、住民票、パスポートなどとなり年齢や住所が必要です。また収入証明書は源泉徴収票、給与明細、所得証明書、納税証明書などで確認されます。しかし借入限度額が50万円以下であれば収入証明書はいりません。

カードローンの場合は100~300万円程度の借入限度額までは収入証明書がいらない場合も。そういう意味からもキャッシングは厳しいとも言えそうです。また会社に在籍しているかということも確認されます。もちろん個人名での確認電話なので、特に会社などに借金をする審査をしていることは知られません。

あとは信用情報ですが、すべての金融業者への借金、返済状況、過去のトラブルなどの情報を管理している機関があり、そこの信用情報によって審査されます。自己破産などの債務整理や強制解約、代位返済などがあると審査には通らないことがほとんどです。このような流れでキャッシングの審査が行われます。

Pocket